Find experience

ラフティングを楽しめる日本の川のおすすめ3選

ラフティングを楽しめる日本の川のおすすめ3選

ラフティングが可能な日本の川の特徴について

日本の川の中には三大暴れ川と呼ばれている川が在ります。

三大暴れ川と言うのは、一般的には洪水、水害などが多発する河川であり、これらの川の特徴として急流の流れを持つと言う事が挙げられます。

また、日本最大暴れ川と言うのは四国の徳島県と高知県を流れる吉野川、関東を流れる利根川、九州の福岡県を流れる筑後川などの日本の川をこのように呼んでおり、吉野川は四国三郎、利根川は坂東太郎、筑後川は筑紫次郎と言った異名を持つのが特徴です。

尚、これらの川の上流域などでは急流と言う事からもラフティングのコースとして利用されているケースが多く在ります。

ラフティングにおすすめの日本の川について

ラフティングは山奥にある渓谷でのアウトドアスポーツで、急流域をゴム製のボートに乗り込んで川下りをするスリリングな冒険を楽しめるのが特徴です。

自然の中で楽しめるスポーツであり、スリリングさからも爽快感を味わえるなどでおすすめですが、ラフティングは自然を満喫する楽しみが有ることからも、徳島県の吉野川、群馬県の水上を流れる利根川の源流域、そして北海道のニセコを流れる尻別川、南富良野の空知川、熊本県の球磨川などの日本の川がラフティングの最適と言われています。

また、季節としては春から秋にかけてがシーズンとなりますが、春先は雪解け水で川の流れが速くなりよりスリリングさを増すなどで人気が高い季節です。

ラフティングに最適であり、且つ、人気の高い3選!

ラフティングに人気が高い川の3選についてですが、日本の川の源流域と言うのは川幅が狭く流れが急流であることからも最適な川が多く在るのが特徴です。

しかし、ゴム製のボートを利用してのアウトドアスポーツであり、大きな岩をよけながら急流を下るため、大きな岩が多く在る場所は適していません。

一般的に、3選と言えるのは、徳島県の吉野川の大歩危や小歩危エリア、群馬県の水上エリア、北海道のニセコ町を流れる尻別川などであり、これらの川は春先ともなると雪解け水で川が増水し、スリリングな冒険を楽しませてくれます。

ラフティングを楽しめる日本の川のおすすめ3選
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!