Find experience

人気のスタンドアップパドルボード(SUP)のインストラクターになる方法とは

人気のスタンドアップパドルボード(SUP)のインストラクターになる方法とは

SUPインストラクターはスタンドアップパドルボードの指導者

スタンドアップパドルボード(SUP)は最近人気が高まっている海や川で楽しめるアクティビティです。
サーフボードと比べるとスタンドアップパドルボード(SUP)のボードは浮力が高く、安定感があるので誰もが乗ることが出来ると言ったメリットが有ります。
しかしながら、インストラクターによる指導を受ける事で技術を高める事が出来るなどのメリットが有ることからも、ショップなどでのスタンドアップパドルボード(SUP)の講習やツアーなどに参加する人が増えており、初心者から中級者などの幅広い人々が海や川などでのアクティビティーとして楽しんでいるのです。

スタンドアップパドルボードのインストラクターになる方法

スタンドアップパドルボード(SUP)の指導者となるインストラクターになる方法は、SUPAの会員であり、SUP歴が3年以上、ショップで指導に当たる人が条件となり、2日間で開催される資格認定講習会のカリキュラムに参加をし、カリキュラム終了後の実技テストに合格する事でSUPA公認のインストラクターとなることが出来ます。
これはSUPA公認のベイシックインストラクター資格認定講習会に参加をして実技テストを受け合格すると言う方法であり、試験に合格する事でスタンドアップパドルボード(SUP)の技術や知識を保有すると言う証になるのです。

スタンドアップパドルボード(SUP)のインストラクターの給料

資格を保有してインストラクターの資格を得るだけではなく、ツアーにおけるガイドと言う要素の含まれると言う特徴が有ります。
給料は、ショップにより様々ではありますが、シーズンともなると多くの人々を案内するなどの繁盛期となりますので、その分残業代や諸手当などが多くなります。
しかしながら、冬場などの季節は閑散期となるため、基本給のみと言った形で給料が支払われるため、木有料は基本給×12か月に加えて、諸手当が数か月分と、ボーナスが支給される場合は、ボーナスが加算されると言う給料形態になっているケースが多く在ります。

人気のスタンドアップパドルボード(SUP)のインストラクターになる方法とは
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!