Find experience

ラフティングを楽しむ事が出来る川のグレードとは?

ラフティングを楽しむ事が出来る川のグレードとは?

川のグレードは1から6まで、グレード6は危険度マックス!

川にはグレード1から6までの6つの段階に分けられているのが特徴で、この段階と言うのは川の流れの速さ、難易度、そして危険度などの目安になるものです。
川のグレードは1が最も難易度が低く、且つ危険度も一番低いとされます。

逆に、川のグレードが6と言うのは6段階の中でも最も流れが速い激流であり、難易度も高く危険度も高いと言う特徴が有るのです。
ラフティングでは川のグレードに応じて初心者コースや中級者コース、そして上級者コースと言った具合に分けられており、初心者の人でも安全にラフティングを楽しめるようになっています。

グレード6と言うレベルはどれほどの水量か

一般的に、川のグレードが6と言うのは水量が多く、そして川の流れが速いと言う事であり、どれほどの水量かと言うと危険度がとても高く、ベテランと言われている人でもラフティングで川下りをするのは危険だと言います。

因みに、日本国内の川の中でグレード6と言ったレベルの川と言うのは少ないと言われており、カナダなどの川の中にはこのようなグレードを持つ川があると言います。

また、グレードが5と言う川に付いても、ラフティングでは危険を持つとされており、熟練したプロなどがラフティングを行う時に利用したり、インストラクターの養成などで利用されると言います。

グレード6はどこの川?

グレード6はどこ?、グレード6の川は何処にあるの?と言った質問をする人がいます。

しかし、これは川全体ではなく、流れの中に在るポイントを指すことも有ります。
ラフティングを行っていると、急流のポイントも有れば、流れがとても緩やかな場所も有ります。

そして、ラフティングのコースの中にはグレードが4や5と言ったポイントも在るのですが、グレードは川の水量が増す事でアップする事も有ります。
大雨などが降って川が増水する事で流れが速くなり、今まではグレード4だったポイントが増水のために5になることも多いのだと言います。

ラフティングを楽しむ事が出来る「川のグレード」とは
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!