Find experience

ラフティングの大会に出場するには?

ラフティングの大会に出場するには?

まずは誰でも参加できる国内の大会に出場しよう!

ラフティングの国内の大会に出場するには、まずはラフティングについて学ぶ必要があります。

ラフティングは4人乗りと6人乗りの二つの部門があって、世界ラフティング協会の公式ルールに則り、ダウンリバー、スプリント、H2H、スラロームの4つの競技種目があります。
それらのどの競技に参加するのかを決めたら、一般社団法人日本レースラフティング協会のホームページのイベントカレンダーに国内大会のスケジュールが掲載されているので、自分が参加したい場所を選べば、インターネットなどの方法で参加申請を行うことが出来ます。

日本の代表として世界大会に出場するには?

ラフティングの世界大会に出場するためには、どうしたらよいのでしょうか。

オープン参加で誰でも自由に参加することのできる世界大会もありますが、この場合はどちらかというと記念参加のようなものになりますので、日本代表として戦いたいという人には、国内での選考レースを勝ち抜く必要があります。

大きな大会であれば全日本レースラフティング選手権などがありますが、それ以外でも世界大会の選考レースが行われているので、こまめにレースのスケジュールなどを確認しておいて、早めに参加申請をすることが必要になってきます。

大きな大会に出場するには、小さな大会から出場しよう!

大きな大会に出場するには、小さな大会で好成績をあげることで出場資格を得ることが必要になってきます。

国内の選考レースでさえもいきなり出場できるわけではないので、まずは自分がどのくらいの実力を持っているのか、誰でも参加することが出来る国内レースで確かめてみる必要があります。

徐々にレベルを上げていくことでいつかは、日本の代表として世界大会で日の丸をつけて戦うことが出来るかもしれません。
古い歴史を持っていて、世界での優勝経験もあるなど世界トップレベルにある日本のレースラフティングで日本代表を目指しましょう!

ラフティングの大会に出場するには
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!