Find experience

スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむには

スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむには

SUPを楽しむときパドルでやってはいけないこと

スタンドアップパドルボード(SUP)はボードの上にたってパドルをして楽しむものですが。海や湖、流れのおだやかな川などでも楽しむことができます。 これはサーフィンのように波にのるイメージもありますが、どちらかといえばカヌーのような感覚で、波が無くてもクルージングして楽しむことができるのが特徴です。 パドルでやってはいけないことは、まずパドルを水中に落とさないことです。また人が多くいるような場所でパドルでは漕がずに、ボードにねそべって手でパドリングをすることです。 パドルを落として見失うと危険ですし、周りに気を使うことが大切ですね!

スタンドアップパドルボード(SUP)危ないパドルの持ち方

スタンドアップパドルボード(SUP)はパドルで漕いで移動します。パドルも持ち方に注意しなければなりません。 パドルは利き手で一番上のグリップを握り、もう一方の手でそこから50センチから60センチ下のシャフト部分を握ります。 危ないパドルの持ち方は手で持つ幅が短いと力を入れることができず、疲れも倍増してしまいます。 中腰や座った姿勢でも漕ぐことができるスタンドアップパドルボード(SUP)はその都度持ち方を変えますが、この場合もある程度手と手の間があるようにします。 パドルはスタンドアップパドルボード(SUP)にはとても大切な道具です。

SUPでパドルをなくしたらどうすればよいか

スタンドアップパドルボード(SUP)はパドルを使って沖に出てクルージングなど楽しめます。沖に出て釣りをしたりシュノーケリングを楽しむこともできるのです。 気を付けたいのが、パドルをなくさないようにすることです。沖に出て釣りやシュノーケリングをしてパドルを無くすこともあります。 また波に乗って転倒したときにパドルを流してしまうこともあります。 このようにスタンドアップパドルボード(SUP)を楽しんでいてパドルをなくしたらどうすればよいか、このような場合はボードに寝そべってパドリングをすることです。 そういった意味でも日頃サーフィンをするといいでしょう!

スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむには
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!