体験を探す

今注目のスタンドアップパドルボード(SUP)を楽しもう

今注目のスタンドアップパドルボード(SUP)を楽しもう

結構あります、関西でSUPができるポイントは?

スタンドアップパドルボード(SUP)は、今世界で注目を集めるマリンスポーツ。日本でも各地で体験講習があります。「関西でSUPができるポイントは?」と聞かれることがありますが、これも結構あります!まずは日本最大の湖・琵琶湖。高い波が立たず、一年中安定した水面を保っているので、SUPには最適です。
次に、大都会・大阪でも各所で体験できます。水の都として知られる大阪の運河は、実は絶好のSUPポイントです。都会の街並みを川から眺めるという、普段は決してできない体験ができます。
そして兵庫県の明石。最寄り駅からのアクセスも良好で、遠浅のビーチは砂浜もキレイ。淡路島、明石海峡大橋を望みながらの絶景を楽しめます。

初心者でも楽しい、スタンドアップパドルについて

スタンドアップパドルについてお話しすると、サーフィンとカヌーをミックスしたようなマリン・アクティビティといえます。サーフィンボードを大きくしたようなボードの上に立ち、パドルで水上を進んでいきます。
スタンドアップパドルボード(SUP)はボードが大きい分、初心者でも気軽に乗ることができます。また浮力があるため、ロングボードでも乗れないような波に乗れるので、サーファーにとっても魅力です。そして波がないときは、ボードに乗ってパドルするだけでも十分楽しめます。
さらにパドルのときは目線が高いので、今までに見たことのない世界を体験でき、まさにスタンドアップパドルボード(SUP)ならではのだいご味が味わえます!

ハワイのワイキキから始まったSUPの歴史

SUPの歴史は、1960年代に、ワイキキのビーチボーイたちが、大きなサーフボードの上で、パドルを使って漕ぐ乗り方から生まれたといわれています。
近年になっては、伝説と呼ばれる世界屈指のビッグウェーバーであるレイヤード・ハミルトンやデイブ・カラマなどがSUPを行ったことで、サーファーを中心に注目を浴びるようになりました。
当初は、足腰のトレーニング用として始められました。それから、パドルで長い距離を移動することができ、波や風の無い水上でも楽しめることが知られるようになり、スタンドアップパドルボード(SUP)は、ハワイでは幅広い年代で楽しめるマリンスポーツとして注目されるようになりました。

今注目のスタンドアップパドルボード(SUP)を楽しもう
この記事が気に入ったら いいね!しようアクティビティの最新情報をお届けします!