Find experience

スタンドアップパドルボード(SUP)での事故や怪我への対策

スタンドアップパドルボード(SUP)での事故や怪我への対策

スタンドアップパドルボード(SUP)の際には事故に注意する

スタンドアップパドルボード(SUP)はサーフィンやカヤック、カヌーとはまた違った魅力のある新しいウォータースポーツです。

ボードの上に立ち、パドルで水上を自由に移動することができ、波に乗って楽しんだり、のんびりと水上散歩を楽しむなど、様々な使い方ができるのが大きな魅力です。

しかし、スタンドアップパドルボード(SUP)は手軽に楽しむことができる一方、水辺で行なうもののため、事故などのトラブルにはきちんとした備えと心構えが大切です。
特に経験の少ない初心者は経験者に指導してもらい、様々な事故を回避する技術や知識を身に付けることが重要になります。

スタンドアップパドルボード(SUP)による怪我を防ぐには

スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむ際には、ボードやパドルといった道具を揃えるのももちろんですが、怪我や事故を防ぐためにラッシュガードやライフジャケットといった装備を揃えることも非常に大切です。

夏場などの水温が高い季節ならラッシュガードだけでも十分ですが、長時間スタンドアップパドルボード(SUP)を楽しむ際や、春や秋など、水温が比較的低い季節ならウェットスーツを用意するのも非常に有効です。

水温から見を守るだけでなく、海中の岩などによる怪我を防ぐという意味でも、こうした装備に気をかけることはとても有効なことです。

万が一のために保険に加入する事も大切です

ライフジャケットやラッシュガード、ウェットスーツなど、安全装備を万全にしておくことももちろん大切なことですが、それでも万が一の状況に備えるためにも保険に加入しておくことは非常に有効です。

個人的に楽しむという時には、自分が加入している保険の特約などを利用して、レジャーなどの怪我や事故にも対応できる物に予め加入しておくのも良い方法です。

また、スポーツクラブなどのイベントの際には主催者側が当日加入できる保険を用意していることが多いため、そういった保険にしっかりと加入しておき、無駄なリスクを無くしておくことが大切です。

スタンドアップパドルボード(SUP)での事故や怪我への対策
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!