体験を探す

様々な使い方が楽しめるスタンドアップパドルボード(SUP)

様々な使い方が楽しめるスタンドアップパドルボード(SUP)

スタンドアップパドルボード(SUP)のボードの大きさ

マリンスポーツなど、水辺で楽しむことができるレジャーには様々な物がありますが、その中でも最近注目を集めているものにスタンドアップパドルボード(SUP)と呼ばれるものがあります。

これはサーフボードによく似たボードの上に立ち、カヌーのようなパドルを使って自由に水の上を移動できるもので、その手軽さが大きな魅力となっています。
外見はサーフィンのボードによく似ているものの、ボードの大きさはロングボードと同じ9フィート程度のものから11フィートと大きめの物もあります。

それぞれの大きさの違いによって挙動や安定性に差がある点に注意が必要です。

ボードの大きさによる使い勝手の特徴の違い

スタンドアップパドルボード(SUP)はボードの大きさはロングボードと同じくらいか少し大きめの物が主流ですが、その厚みや幅が特徴的になっています。

通常のロングボードに比べ、厚みがあり、また幅も大きいため、人が上に乗った時の安定感に優れているのが特徴です。
また、一回り大きいことで浮力が増すことも安定感を上げるのに影響しています。

サーフィンのように波に乗るのを楽しむだけでなく、のんびりと水上散歩をしたり、好きな場所で腰掛けたりと、好きなペースで利用できるのもスタンドアップパドルボード(SUP)の大きな特徴です。

スタンドアップパドルボード(SUP)の様々な使い方

スタンドアップパドルボード(SUP)がサーフィンやカヌーと大きく違うのは、様々な使い方が楽しめる点です。

サーフィンなどは波がなければ十分に楽しむことはできませんが、スタンドアップパドルボード(SUP)はパドルがある分自由に水上を動き回ることができるのが魅力です。
また、ボードの上に乗っているだけなのでシュノーケリングなどで水上に入るのも手軽ですし、浮力が大きいのでフィッシングの道具を乗せて釣りを楽しむということも可能です。

カヌーのように乗り降りに手間がかかることもなく、気軽に扱うことができるのがスタンドアップパドルボード(SUP)の特徴であり、最大の魅力です。

様々な使い方が楽しめるスタンドアップパドルボード(SUP)
この記事が気に入ったら いいね!しようアクティビティの最新情報をお届けします!