Find experience

ラフティングのツアーのラフティングガイドについて

ラフティングのツアーのラフティングガイドについて

ラフティングガイドは参加者の安全確保を務める役割が在ります

ラフティングは急流の川下りを行うアウトドアスポーツであり、最近はコマーシャルラフティングと呼ばれるツアーによる川下りに人気が集まっています。
急流の川の中には大きな岩が在り、激突すれば大事故に繋がりますし、一たびボートから落ちてしまえば急流の川に飲み込まれてしまうなどの危険を持つアウトドアスポーツでもあるのです。
しかし、ツアーを開催する時には必ずラフティングガイドと呼ばれる技術を持つスタッフがボートに乗り込むため、参加者の安全確保を行いながら、ラフティングツアーに参加する人々は安心して急流の川下りを楽しむ事が出来るようになるのです。

ラフティングガイドになる方法と訓練について

ラフティングガイドは、コマーシャルラフティングと呼ばれるツアーを開催する時など、ボートに必ず乗り込んで、参加者の身の安全を確保すると言う重要な役割を持つのが特徴です。
コマーシャルラフティングは13歳以上の人を対象にしており、全員が安心して川下りを楽しめるようツアーガイドを務めます。
ラフティングガイドになる方法と言うのは、モンベルラフティングガイド養成トレーニングコースと言うコースを受講する必要が有りますが、これは一般社団法人ラフティング協会のガイド認定試験の合格を目標とした集中カリキュラムになるものです。

ラフティングガイドになるパスポートと給料について

モンベルラフティングガイド養成トレーニングコースを受講する事でガイドとしての職務に就くことが出来ると言いますが、受講するだけではなく試験に合格をしなければなりませんし、養成トレーニングコースは厳しいトレーニングであり、このトレーニングに耐えた人のみがツアーガイドとしての職務に就くことが出来るのです。
これはラフティングツアーに参加する全ての人の命を守ると言う重要な役割を持つことからも、厳しい訓練を重ねる事で資格を得られ、給料を得ることが出来るようになるのです。
また、トレーニングを重ねる事で川の楽しさや危険な事などについて知ることが出来ると言う利点が在るのです。

ラフティングのツアーのラフティングガイドについて
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!