体験を探す

カヤックにはまった人、カヤック道具を揃えると幾らする?

カヤックにはまった人、カヤック道具を揃えると幾らする?

カヤックが欲しい!、カヤック道具を揃えると幾らする?

カヤックはカヌーと似ているのですが、カヤックは船体の大半が閉じられており、人間が乗る場所となるコックピット部分だけが空いていて、中は空洞になっているボートの事を意味しています。
一度体験をしてしまうと病みつきになる人も多く、中にはカヤック道具を揃えると幾らする?と言った具合に気になる人も少なくありません。
カヤックに必要となるのは、フィールドにもよりますが、最低限必要なものは、ボートとパドル、ライフジャケット、ウェットスーツ、ヘルメットなどであり、これだけの道具を揃えたとしても、置き場所や運搬について考えておく必要が有るのです。

カヤックの種類によっては移動・持ち運びは大変!

一般的なカヤックと言うのは、原形のまま輸送をする事になりますので、重量はそれほど重くはないと言っても移動・持ち運びは大変なのです。
中には、インフレータブルカヤックと呼ばれるr空気を入れて膨らましてボートにして楽しめるタイプも有りますが、一般的なFRPなどの素材で出来ているものは原形のままで運ばなければなりません。
自動車などを利用して運搬する方法も有りますが、上流から下流に向かった場合は再び元の場所に戻らなければならないなどのデメリットが生じてしまう事になるのです。
そのため体験プランなどのツアーを利用するのがお勧めなのです。

持ち運びが要らない体験プランがおすすめなのです

体験プランがおすすめの理由は、カヤックを運んだりする必要が無いだけではなく、ボートやパドル、ライフジャケットやウェットスーツ、ヘルメットなどの道具は全て体験プランではセットになっており、手ぶらで参加することが出来るのです。
また、自動車などで出向く場合は、ショップが指定する場所に駐車をしておいて、ショップからはお店のマイクロバスなどを利用して上流域まで出向き、川を下ってきたら再びショップのマイクロバスが待っててくれるので、お店に戻ってゆっくりとした後に、車を運転して帰ることが出来ると言うメリットが有るのです。

カヤックにはまった人、カヤック道具を揃えると幾らする?
この記事が気に入ったら いいね!しようアクティビティの最新情報をお届けします!