Find experience

キャニオニングのメッカと関東と関西で楽しめるスポット

キャニオニングのメッカと関東と関西で楽しめるスポット

キャニオニングの発祥地と日本でのメッカについて

キャニオニングは、フランスが発祥の雄大な大自然の中を流れる川に頭まで浸かり身を任せて進んでいくスポーツです。
コースの選択次第では、水の流れに逆らうように滝を登って行ったり、斜めになっている岩の上をウォータースライダーのように滑り降りるという楽しみ方もできます。
発祥地のフランスをはじめ、世界的に人気の高いアクティビティですが、日本では、北海道のニセコが日本のメッカとされており、国内のみならず世界各地からキャニオニングを楽しむ観光客が訪れています。
そのため、体験プランや体験教室も多く開かれています。

関東でキャニオニングを楽しむ際のスポット。

発祥地のフランスでは、古来から残されている自然の中を人間が誕生する遥か以前から同じように流れ続けている川で楽しむキャニオニングですが、都心から遠くない距離でも本来の楽しみを感じることができます。
関東でおすすめのスポットは、利根川や奥多摩、那須など数多く存在するのです。
関東は、人工物が多いというイメージを持たれている方が多いのですが、日帰りでも余裕のあるスケジュールで楽しむことができる距離に雄大な自然が残されています。
私たちが日常生活で使用している水の源とも言える場所なので、社会勉強にも適しています。

関西でキャニオニングを楽しむ際のスポット。

日本では、北海道のニセコがメッカと言われるようにキャニオニングを楽しむ現場だけではなく、その周辺も含めて自然豊かな状況が残されていることが求められますが、関西でもキャニオニングを楽しむことができるスポットがいくつも存在します。
関西で適しており、人気が高いスポットは奈良や和歌山に多く、関西圏のみならず関東や海外からも訪れる方が多い人気のコースが存在します。
奈良では、奥吉野に設けられているコースの人気が高く、滝が存在したり滝壺にダイブすることができるなど滝を中心とした遊び方が人気の理由です!

キャニオニングのメッカと関東と関西で楽しめるスポット
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!