Find experience

パラグライダーの体験に必要な気象条件とは

パラグライダーの体験に必要な気象条件とは

天候を味方につけて安全に空中浮遊ができるパラグライダー!

パラグライダーは飛行機や気球のようにガソリンやヘリウムなどの動力を使わない乗り物です。そのため、エンジンなどの音がない無音の状態の中で鳥と同じように空を滑空することができるのが特徴です。

ただし動力を使わないのでその分、天候に左右されます。パラグライダーが飛ぶ原理とは下からの上昇気流を利用するということです。

天候が良く晴れて風の無い日は地面が太陽の光線で温められ飛行に最適な上昇気流が得られます。この上昇気流を利用してふわりと滑空すると、本当に鳥になったかのような浮遊感を体験することができます。

雨の日や風など悪天候の中でパラグライダーは飛べるのか

気になるのは雨や風の日には飛べるのかということです。このスカイスポーツのパラシュートは布で出来ていますし、操縦の際に使うのは紐です。

雨が降るとパラシュートの布や紐が水分を吸収してしまって重くなってしまったり、布同士がくっついてしまうことがあるため、飛行することができません。また強風の日もフライトは中止となります。

パラグライダーは上昇気流により推進力を得ますが、この推進力よりも強い風が吹いてしまうとコントロールを失ってしまうことがあるためフライトは中止となります。こうした自然の条件も楽しみながらゆったりと構えるのがパラグライダーを楽しむコツです。

爽快感あふれるパラグライダーの体験飛行を申し込もう!

このスカイスポーツはこのように自然条件に左右されるものですが、その分飛べた時の感動は最高です。晴れた空を悠々と飛ぶのはまるで自分が鳥になったかのような爽快感に包まれます。

天候が穏やかな日にフライトするので危険もありませんし、体験ではタンデムと言って熟練のスタッフと同じパラで飛ぶので初心者の方でも安心して楽しむことができます。

空を飛ぶことはもちろんですが、大自然の力を借りてその中で環境に溶け込んで満喫するのがこのスポーツの最大の魅力と言えるでしょう。一度飛んだらまた飛びたくなって体験を予約してしまう、そんな人を虜にするスポーツです。

パラグライダーの体験に必要な気象条件とは
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!