Find experience

パラグライダーのインストラクターになる方法とは

パラグライダーのインストラクターになる方法とは

インストラクターと一緒に飛んで風と一体になれる!

さまざまなスカイスポーツの中でもっとも間口が広く多くの方が楽しんでいるのがパラグライダーです。

近年パラシュートなどの資材開発や技術がすすみ、素材が軽量化して滞空時間も長くなり、より面白くなったスポーツでもあります。

上昇気流を利用して傾斜から飛び立つので高いところに上る必要がありますが、その分長い滞空時間のフライトを楽しむことができます。

初めての方でフライトが不安だという方はインストラクターと一緒にフライトするタンデム飛行も可能なので、一番不安な離陸や着地、操縦の心配なく楽しむことができます。

パラグライダーのインストラクターになる方法とは

パラグライダーで空を飛ぶ楽しさを知ると、これを仕事にしたい、インストラクターになりたいという方も多く出てきます。

もちろん空を安全に飛ぶことや、お客様と一緒にフライトをするには高い技術と経験が必要ですので、指導者としてのライセンスが必要になります。

自立した指導者になる方法には18歳以上である、エキスパートパイロット技能証を持っているなどの資格条件のクリアが必要です。

その後、1年に1回から2回開催される研修講習を受けて、さらに実技試験を受け晴れてアシスタントインストラクターとなることができるのです。

気になる給料はどれくらい?さまざまな働き方が選べる!

パラグライダーにまつわる仕事に就きたいけれど、給料がどれくらいか気になるという方が多くいらっしゃいます。
給料に関しては働き方によっても変わってきます。

スクールやアクティビティの運営、タンデムフライトなどのサポートをする社員として就職して月15万円ほどの給与が出る会社もあります。
スカイスポーツのアクティビティ体験は土日などの週末や春の大型連休、夏休みなどの休暇を利用してされるお客様も多く、そうした休日のみアルバイトとして働くという関わりの方法もあります。
こうした場合は日給6000円から働くことができるというケースが多いようです。

パラグライダーのインストラクターになる方法とは
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!