Find experience

スリル満点のラフティングは危険ではないの?

スリル満点のラフティングは危険ではないの?

ラフティングはスリルを味わえると同時に危険が付き物

ラフティングは急流の川でのアドベンチャーを楽しめるアウトドアスポーツです。

アドベンチャーと言うのは日本語では冒険と言った意味が有りますが、ラフティングにはスリルを味わう事が出来ると言った醍醐味や、自然の中で楽しむため、自然を満喫する事が出来るなどの特徴を持ちます。
しかし、急流の川と言うのは言葉通り流れが速く、一度川の中に投げ出されてしまえば危険との隣り合わせと言う事になります。

それ故に、ラフティングのツアーでは必ず訓練を重ねたツアーガイドが乗船している事、ヘルメットをかぶり頭を守り、着水した時なども浮いていられるようにライフジャケットを装着して行うため安心して楽しめるような配慮が取られています。

フィールドとなる川が増水!ツアーは決行?それとも中止?

大雨が降ることで川の水は増して行くことになります。
増水になると、川の水の流れの速さは増すことになり、ラフティングを楽しめるような状態ではなく危険とされます。
そのため、雨の量に応じてラフティングツアーを開催するショップのスタッフは川の水の量によりツアーの決行、中止の判断をします。

また、増水となるのは大雨が降った後だけではなく、春先などの場合は山に積もった雪が解けだして、それが川の水を増やすことになります。
そのため、雪解けシーズンなどの場合は上級者のみが参加出来るコースも有りますし、上級者でも危険と言う事からもツアーが中止になることもあるのです。

危険は川の水が増水した時だけではありません

川の水が増える事で川の流れはより一層速さを増して行きます。

ラフティングはスリルを満喫する事が出来るアウトドアスポーツですが、事故などが起きてしまう可能性が在る事からもツアーが中止になるケースは多くあります。

しかし、川が増水した時だけではなく、逆に雨が長期間降らない時などは、川の水は逆に減ることになります。
普段は見えない岩なども、水量が著しく減ることで岩が露出するようになり、しかもその露出する場所が多数ある場合は、ゴム製のボートを回避させるのが難しくなるため、ツアーが中止になることもあります。

スリル満点のラフティングは危険ではないの?
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!