Find experience

ラフティングを安全に楽しむ工夫とは

ラフティングを安全に楽しむ工夫とは

事故を防止する工夫

山奥に在る渓谷の中でも比較的流れが速い場所で楽しむのがラフティングです。

ゴム製のボートには6名から10名ほどが乗り込めるようになっており、ボートに乗る人は事故防止のためのヘルメットやライフジャケットを必ず装着して行うのが基本です。
川の中には大きな岩などが有り、万が一、水の中に落水した時など、その岩に激突する危険性も有り、頭を守る目的でヘルメットは必須ですし、落水した場合でもウェットスーツの浮力とライフジャケットにより事故を未然に防止する事が出来るようになっています。

また、ボートには厳しい訓練を重ねたツアーガイドが乗船するため安心してラフティングを楽しめるような配慮が行われています。

怪我を未然に防ぐためにもヘルメットは必須です

ラフティングは川の流れが速い場所では一気に下流へと流されることになります。
一度、落水すると怪我をしてしまう事も有りますが、落水した時などはボートに同乗しているツアーガイドが救出をしてくれますし、岩に激突して大怪我をしないようにヘルメットをするなどの事故防止につとめています。

また、自然を相手にするアウトドアスポーツであり、ラフティングの場合は川の水量に注意をすることが必須とされ、川の状態などを熟知したツアーガイドが現在の川の状況を見て判断を下すため、水量が多い場合や逆に水量が少ない場合などでは怪我や事故を防止する目的でツアーが中止になることも有ります。

万が一の事態に備えての保険はRAJによる厳しいチェックが!

日本にはラフティング協会と呼ばれる団体組織が有ります。
ラフティング協会は「RAJ」と言った呼び名で呼ばれているのですが、ツアーを開催するショップの多くはRAJに加盟を行っており、賠償責任保険、傷害保険などに加入を行っており、万が一の事故などのトラブルの時でも安心です。

また、それぞれのショップが加入をしている保険と言うのはRAJによる厳しいチェックが行われており、参加者の安全を確保するなどの保証が取られているのが特徴でもあるのです。
尚、中には加盟をしていない所もあるので、ラフティングツアーを選ぶ場合などではRAJに加盟を行っているか否かを確認しておくと安心です。

ラフティングを安全に楽しむ工夫とは
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!