Find experience

バリ島でラフティングするならアユン川とトラガワジャ川!

バリ島でラフティングするならアユン川とトラガワジャ川!

南の楽園!バリ島でのラフティングスポットとは?

バリ島は日本からは成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港からデンパサール国際空港への直行便が毎日1便運航をしており、所要時間としては7時間前後と言います。

バリ島と言うのは、東南アジアに属する島であり、首都ジャカルタがあるジャワ島の東側に位置しており島周辺はサンゴ礁に囲まれた透明度が高い海でも有名であり、バリ島と言うとマリンスポーツやクルーズと言ったアクティビティをイメージする人も多いのですが、バリ島には有名なラフティングスポットも用意されており、急流の川下りを楽しめると言った魅力も有るのです。

ラフティングポイントを持つアユン川の特徴

バリ島にはラフティングを楽しむことが出来る2つの川が在りますが、そのうちの一つがアユン川です。

アユン川はバリ島の中央部に位置するウブドの西側に在る川で、ウブドと言うのは芸術の村とも言われており、ガムラン音楽を初め、バリ舞踊やバリ絵画の発祥の地でもあるのです。
この川は渓谷に囲まれており、滝は随所に出現しますが緩急のある流れは渓谷美を楽しめるなど魅力を持ちます。

また、ラフティングを行う上での徒歩による迂回が無いため体力に自信がない人もお勧めの川と言えますし、アユン川のラフティングツアーは1日3回の出発になっているため、時間の都合などで楽しめると言うメリットも有ります。

ラフティングポイントを持つトラガワジャ川の特徴

トラガワジャ川はバリ島の東部に位置する山麓を流れる川で、アユン川と同じく人気の高いラフティングスポットを持つ川です。

トラガワジャ川のエントリーは、斜面が緩やかであることからも楽に行えると言う特徴や、スタート地点での川幅が狭く、徐々に広がると言う特徴もあります。

また、トラガワジャ川の最大の魅力と言うのは、落差4メートルのポイントが在る事で、このポイントはボートに乗ったままで行うアクティビティとして人気が高くなっています。
尚、トラガワジャ川のツアーの多くは朝出発となっているので注意が必要です。

バリ島でラフティングするならアユン川とトラガワジャ川!
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!