Find experience

すぐに使える!ラフティングに初挑戦する時に使えるテクニック7選

すぐに使える!ラフティングに初挑戦する時に使えるテクニック7選

初挑戦!ラフティングはどんなスポーツ?

ラフティングはラフトと呼ばれている浮力によって航行する小型のゴムボートのような乗り物を使って川下りをするスポーツで、日本では昔からいかだによって行われていたもので、現在でも観光名所などでは川の下流に向かっていかだで下っていくスポットが数多くあります。

ラフティングはこれにスポーツの要素を取り入れたもので、急流を下ることでスリルを体験して楽しむことのできるアクティビティとして世界的にも人気となっています。

現在ではラフティング体験ができるツアーが多くなっています。日本では大学の探検部などでもラフティングが行われているので、グループに参加したい場合には大学の探検部などに入部をする方法もあります。

ラフティングに初挑戦する時に使えるテクニック7選

ラフティングに初挑戦する場合にはしっかりとした準備が必要で、頭を保護するヘルメットを着用したり、川に落ちたときに浮かぶことができるライフジャケットなどを揃えるのも初挑戦するときに知っておきたいテクニックです。

また岩場などを通過する場合には腕などに擦り傷ができる場合があるので、なるべく肌を露出させないようにウェットスーツを着用してラフトに乗り込むことが重要です。ラフティングは6人程度でタイミングを合わせてオールを動かすことが重要なので、事前に練習をして役割分担などを決めておくと安全に川下りをすることができます。

流れが急な場所では激しくオールを動かす必要があるので、声を掛け合うなどしてラフトを操縦するのですが、初挑戦する場合には緩やかな流れの川を選んで挑戦すると自然の美しさを堪能することができます。

スピードとテクニックが基本

ラフティングで大会などに出場する場合には事前に大会に申し込むことが必要なのですが、良い成績を収めるためにはメンバーが呼吸を合わせて漕ぐことが重要なのですが、スピードやテクニックには差があるので、それぞれの役割分担をしっかりと決めておくことが大切です。

スピードを出すためには同じタイミングで漕ぐことが大切なので、掛け声などでリズムを整えて川を下る必要があります。テクニックに関しては上級者の場合は全体を見渡すことができる場所にいることが必要なのですが、初心者の場合は指示を受けやすい位置にいる必要があります。

とくに急激な流れがある場合は初心者はパニックになることがあるので、リーダーの指示に従って冷静に操縦することが大切です。世界大会なども行われているのですが、日本国内でも全日本の大会が開催されています。

すぐに使える!ラフティングに初挑戦する時に使えるテクニック7選
If you like this articleHow nice! TryWe will deliver the latest information on the activities!